キーリング レディース

コーディネートにも活かせるレディースのキーリング

キーリングというとどうしても男性が身に付けるイメージを持たれがちですが、実際はとても実用的でコーディネートのワンポイントにもなるアイテムなのです。今回はレディースのキーリング活用術をご紹介します。例えばパンプスシューズのついたキーリングは、さりげなくオシャレで可愛く、女性らしさを演出します。ワンピースなどのスカートコーデにも取り入れやすいキーリングです。またヌメ革使用でメンズライクなキーリングは、シンプルなデザインが魅力です。薄着の時に腰まわりに付けたり、バッグに付けたりすると、控えめにオシャレ感をアップさせます。ツーリングで革製のハートがついたキーリングは、メタルとレザーを融合させつつ可愛いデザインになっています。キュート系やスタイリッシュ系の服にもアクセントになるアイテムです。

メンズとレディースのキーリングデザインを比較

メンズ向けキーリングとレディース向けキーリングとでは、どのような違いがあるのでしょう。まずメンズ向けは、ライフスタイルにマッチすることを重視しています。昔も今も、男性は毎日持ち歩く小物にこだわるので、デザインは日常使いとして差し支えないものが人気です。しかしその小物一つに機能性を求める人もいれば、自分のセンスを表現したりする人もいるので、ブランドによって多少の個性は出てきます。一方レディース向けは、「見せる」ことを目的としたものが人気です。女性にとってキーリングは単に鍵を束ねるものではありません。むしろアクセサリー的要素が強い「見せる」ものです。よってその人の女性らしさをアップさせて、オシャレで可愛いデザインが好まれます。女性への小物のプレゼントは難しいものですが、これを参考にぜひ選んでみてください。

タイプ別レディース向けキーリングの実用性

先ほどレディース向けキーリングはオシャレで可愛いデザインが人気と述べましたが、実はそう思わない女性もいます。女性には鍵もオシャレにしたいタイプ、鍵は少なめか車キー専用で使うタイプ、こだわりゼロタイプと大きく分けて3タイプがいるのです。よってその人のタイプに合わせてキーリングの実用性も変わってきます。1番目のタイプは、ほぼ実用性は重視しません。見せることが目的なので、目立つところに飾れることが大切になります。2番目のタイプは、見つけやすい形であることが重要です。取り出しやすかったり、バッグからアタッチできたりといった機能性のあるものが良いでしょう。3番目のタイプは最も実用性を重視します。見た目よりもコンパクトさや取り外しのしやすさが優先です。プラスアルファでブランドものであると、とても喜ばれるでしょう。