キーリング レディース

メンズとレディースのキーリングの差異

自宅の鍵や車の鍵、オフィスの鍵など、わたしたちは毎日様々な種類の鍵を使って生活しています。あまりに多くの鍵を持ち歩いていると、どこかに落としてしまったり、鞄の中で見失ってしまったり、或いは取り違えてしまったりということもあります。こんな時に役に立つのが、キーホルダーやキーリングといった鍵をまとめておくためのアイテムです。現代人にとってはほぼ必需品と言えます。昔はキーリングと言えば男性向けの商品展開が主流でしたが、女性の社会進出が進み男性と同等の仕事をこなすようになった現代では、女性向けのデザインも豊富になっています。その中にはレディースならではのデザインや実用性を兼ね備えたものも多く、メンズのキーリングと比較してみると意外な事実が見えてきます。ここではレディースの商品とメンズの商品を比較しながら、キーリングのデザインの魅力についてご紹介します。

レディースのキーリングデザインに見られる傾向

キーリングと言うからには、基本のデザインは金属のリング部分に鍵を通して束ねるという形を取っています。メンズ向けの商品では、シンプルなものではこのリング部分にホルダーや持ち手が付いただけの商品も多く見受けられます。だけ、と言ってしまうとチープな印象になりますが、キーリングは男性にとってベルトループに通して使うなど、アクセサリー的側面も強いアイテムです。あまりゴテゴテとしたデザインはかえって悪趣味に思われがちな為、シンプルで質の良いものが好まれる傾向にあります。これに対し、レディースの商品はリング部分だけ、ということはほぼありません。必ずと言ってよいほどチャームやマスコット、ブランドのタグなどが付いています。キーリングに限らず女性向けの商品全般に言えることですが、女性の間では持っていることで気分が高まるものが選ばれやすくなっています。キーリング含め、持ち物は女性にとって一種の自己表現なのです。

レディースのキーリングは機能性を備えた自己表現アイテム

レディースならではのデザインとしては、ミラー付きのキーリングなどが挙げられます。鞄の中に忍ばせておけばちょっとした化粧直しにも役立ち一石二鳥です。また、中に写真を入れられるロケットペンダント風のデザインなどもあります。女性にとってキーリングはささやかな自己実現の場にも成り得ます。憧れのあのブランドを身に付けたい、でも服や鞄は高く手なかなか手が出ない……そんな時、キーリングは比較的手頃なアイテムであり、ハイブランドでも1万円前後から入手可能です。ハイブランドのキーリングはデザインが洗練されていたり、素材が良かったりということはもちろんですが、何よりも毎日の気分にダイレクトに影響します。憧れのブランドの品を手にしていることで自信が付き、その気持ちが日々の活力へと変わるのです。こう考えてみると、レディースのキーリングは本来の用途以外に或る種のお守り的な一面も備えているでしょう。